忍者ブログ
東北の伝統武術【柳生心眼流兵術】の稽古及び趣味のブログ。
[200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雪の仙台。てか寒い。


ありがたい事もあるもので、最近地元新聞にて掲載された心眼流の記事を見て、見学者の方が毎週来て下さる。
仙台道場のみならず鹿島台の方にも問い合わせが入ってるようで、地元新聞メディアの効果は凄いものですね。既に入門を決めた方もおり、これからの心眼流の可能性が広がりゆくのを感じました。


さて昨日の仙台稽古は10名。東京からT君がわざわざ稽古に来てくれ、久しぶりに再会。皆伝のお祝いの品を頂き胸が熱くなる。なにより気持ちが嬉しいものです。
まずは一緒に道場入り。
予想より少し人数が多かったために借りた場所がいきなり手狭になり、となりの広い部屋を借り直す。
はじめ自分は見学の方のお相手、みんなは各自稽古。アニキの形が先日次の段階に進んだので、意味の解説も同時に。空手のナイファンチの形の意味についても質問を受けたのでさらに同時に。自分は空手の形はよく知らないのだが、空手の形もなかなか味わい深いなあと思った。
前から感じていたのだが、沖縄空手の動きと斎田派の形の動きには共通点多し。だからこそそうした門外の質問が来ても説明出来、お互い納得出来るのだろう。
元々武術は人間のやるもの。五体あるのは変わらないわけで、そうそう違う体の使い方もないだろうから不思議でもないだろうけど。見学の方には一通り技をかけて体験もしていただいた。「1分で出来る達人の体使い」を教えるとなかなか好評。例え武術には素人でも、体の使い方次第で刹那のスーパーマンになることは可能なのだ。


で、乱取。
燃え上がる我が復讐の蒼き炎。今日こそアニキにリベンジをすべく本人にも宣言。前回の連続蹴りのお陰で足の痛みがひくまで5日かかった。そうそう何度もやられるわけにはいかないのだ(爆)
まずは慣らしで攻守交代しながら軽く打ち合う。しばらくしてから我慢しきれず、先週ズタボロにやられた「超強め」チャレンジ。
対策は万全ではなかったがそこそこ打ち合いになって先週ほどはひどくない感じ。気もほとんど折れずに終わることが出来た。やっぱりガチ勝負はいい。何かが掴めた気がする。

ボチボチ相手を変えて回しながら延々と乱取。模様は以下、ダイジェストにてお届け。

ムエタイOさんvsチキン野郎のY君
Y君、アグレッシブな当身が続くもなんとなく押され気味。才能はある。だからこそ強気な攻めが彼を変えると思われる。
…まあチキン野郎だからそれは無理かぁ(´Д`)笑

アンジャッシュOくんvsアニキ
O君は逆にいつでもアグレッシブ。常にステップを踏んで攻撃を狙う。ラスト30秒で「アニキ~ラスト30秒強め強め!」と煽ってみたらリクエストに答えてくれた(笑)
O君には迷惑な話か。

チキンvsアニキ
蹴りが痛いからレガース付けてくれとリクエストするあたり、チキンのチキンたる所以であろう。
ここでも終盤にまたしても煽る。そして突然連打を浴びるチキン君を見ながらみんなでニヤニヤ。うーん、生ビールが欲しいぜィ(´Д`)笑
この後、彼から「ゴウキ」とか「瞬獄殺」とかいった感想が寄せられた。うまいこと言うなぁ(笑)

オレvsチキン
最初は全く手を出さずに防御に回る。残り20秒になってから両手の回転を止めない連打で押しまくる。回転を止めようとチキン君も反撃してくるが、知らずに態勢が後退気味になっているようで、それでは連打が止まるわけがない。途中良い蹴りを出してくるが、ああいうのを磨くべきかと。

古武道家の当て身は当然一撃必殺を狙ったものなれど、ただやみくもに攻撃して当たるものではない。
こうした日々の対人の訓練を繰り返すことによってその「一撃」を入れる機会を自分で作れるように稽古していくのが最上と存ずる。実戦の勘、重要なり。


乱取もつつがなく終わり、鹿島台に移動。例のよって体中が痛いが体にムチ打って21時まで稽古。当て身の新発見の後に道場を後にする。
来週は合宿前なので軽めにしか出来ないが、早くも週末が楽しみだなあ…。





今日の一言
シンガポール支部長より、皆伝のお祝いの品が届く。なんと名前の刺繍入りの袴!今の上衣も彼からの贈り物なのだが、これでシンガポールに足を向けて寝れなくなってしまった。大層な高級品のようで嬉しいやら申し訳ないやら…。重ねて御礼申し上げるm(__)m



拍手

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
無事、届き物が届いてよかったです。
引っ越す前に届くかひやひやしました。

ナイファンチは.....
書こうと思いましたがやめておきます。
2008/02/04(Mon)01:43:58 edit
無題
そういやキミはナイファンチ…いややめておこう(´Д`)笑
帰ってきてからみんなでゆっくり話そうではないか!
管理人 2008/02/04(Mon)09:26:29 edit
無題
松本さん的にはナイファンチもいいですけど小鳥のフィンチなんていいんじゃないですか!
2008/02/04(Mon)11:57:13 edit
無題
…キミは…オレに詳しいのう…(;´Д`)笑
早く日本に帰ってこい!
管理人 2008/02/04(Mon)12:09:23 edit
無題
心眼流的にはナイファンチで得られるものは沈身と伸びる腕、ノ-モション位しかない。
表と落をやったほうが良いぞ。
廣瀬 2008/02/10(Sun)01:00:53 edit
無題
そういや表と落、最近苦手になってきました(爆)
好みは変わるものなのですね…。
管理人 2008/02/11(Mon)01:28:10 edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<< 気の力!!! HOME 伝承 >>>
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
松本一史義次
性別:
男性
趣味:
映画・ライブ・読書・釣り・ドライブ・食道楽・ゲーム
自己紹介:
手乗り文鳥とあらゆる娯楽を愛す。
生涯一武道家、生涯一修行者を目指す。
武術はとりわけ柔術と棒術好き。
これからの武術は各流派各団体の連携も大事。認め合い学びあう姿勢はあらゆる場面で必要である。

相方と楽しむ桜の宴が春の楽しみ。
雀踊りや七夕の勾当台公園野外ライブが夏の楽しみ。
仙台ジャズフェスが秋の楽しみ。
牡鹿や石巻にハゼ、アイナメ、カレイ釣りに行くのが冬の楽しみ。

メールアドレス
yagyu_singan@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.