忍者ブログ
東北の伝統武術【柳生心眼流兵術】の稽古及び趣味のブログ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

主に関係者の皆様、御無沙汰。

割りと今でも体験稽古の希望者が多いので、そうした目的の方にもあわせてご連絡。

現在、体験稽古に関しては武術に対して「明らかな熱意がある方のみ」受け付けています。
技量や経験は関係ありません。ヤワラは女の子の学生でもやれてますから。単純に強い熱意のある方のみ、という話です。
もう少し言えば、興味本意程度の方はお断りしている状況です。
極端な話、生徒は2人かそこらいれば個人的にはもう十分です。
なので、近いとこでHP自体も様変わりさせようと思ってます。(コンテンツ削減の方向で)

震災以降、色々考えるところもあり、宮城と福島にて教授自体は行ってはおりますが…多分もう表舞台に出ることはないと現段階では考えています。
地方の武術界のしがらみや、人を貶めることにより自分の居場所を得ようとする小者の暗躍にほとほと嫌気がさしたのが正直なところです。

武術は精神面の鍛練はもちろんですが、技が使えてナンボです。
どんなに踏ん張ってる相手であろうが楽々ひっくり返して、どんなに強固な構えの相手でも吹っ飛ばしたりその場に昏倒させることが出来てこその武術だと思います。
自分は精神は未熟なままではありますが、自分が師匠や兄弟子、他流の先輩、諸先生方から長年苦心して学んだ大切な「技術」に関しては、伝える相手を選びたいというのが今の心境です。

過去、数十人の生徒たちに恵まれ、稽古で汗を流しましたが、その時間は非常に楽しいものでした。得難い経験もしました。それらを否定するものではありません。

門戸を広げることによるメリットもあります。
門戸を狭めることによるメリットもあります。
自分は後者に行き着きました。

抵抗しない相手に技がかかるのは当たり前。抵抗してないんだから。
そういう稽古に飽きた方がいたら、一緒に稽古してみたいですね。

とりあえず今日はそんなとこで。



追記
以前教えていた一部の生徒の皆さんの連絡先が携帯故障により失われております…。
連絡してないのはシカトではないので、いつでも連絡下さい。



以上。


拍手

PR
あけおめな仙台。

久しぶりに試合が決まり、本日より練習開始。
六武会の鈴木さんと一緒に、仲良くさせて頂いてるNさんの運営する道場に出稽古。
こちらの道場はムエタイも教えているのだが、教えている人が凄い。実際ムエタイでチャンピオンなった人で、ムエタイの絶対王者ブアカーオにも勝ってる人だからね。
幸運にもミットを持ってもらったのだが凄まじいの一言。指導も的確。的確すぎて恥ずかしくなった(爆)
この人にちゃんと習って強くならない人なんているわけないです。そんな凄さ。

道場では他にプロの方も一緒に練習していて、その脇で鈴木さんと控えめにサンドバッグ蹴ったり遊びでグラップリングでじゃれあったりしながらごちゃごちゃと練習。鈴木さん体格が完全にプロレスラーだから乗っかられるだけでも体力消耗してヘロヘロになる。

試合に向けての練習のはずが、逆に自信を無くしに練習しにきた感じになり、意気消沈しながらこの日記を書いているわけだが(笑)

…ほんとどうなんだろね…36にもなって若い兄ちゃんに混じってねー。偉そうにふんぞりかえって指導に徹するのも性に合わんし、仕方ないんだろうか。
まあやるからには勝つべく頑張りますが…負けても周囲の方々には引き続き御鞭撻をお願いしたい次第であります(笑)
やはり古流を活かして現代格闘に勝ちたいですな。

応援よろしく。






今日の一言
タイ式の縄跳び、異常に疲れる。
朋友ヌマちゃんは20分以上飛び続けられるそうだが…変態なの?(◎Д◎)

拍手

毎月毎月、月の半分は県外出張。
貯金するには最適だが家庭はなかなか維持するの難しいんと違うか。
家族、稽古、自分の時間と引き換えに手にするお金は虚しくもあり生きる糧でもあり。
そんなこんなで今日も雪の山形出張なう。



長く出張に出ていると仕事とはいえ自分で日々の楽しみを見つけるしかない。
人間、何か人から優れた何かを残そうと思えばモチベーションなくしては語れない。そのモチベーションは誰かに与えてもらうのではなく、自分でこそ作り上げるのが社会人であろう。
青森ではマグロやウニに毎日大変お世話になった。昼飯代が毎日平均3000円かかるのは生まれて初めてでした。



で…山形では蕎麦が我がモチベーションを作り上げる。(キリッ



早速Googleさんにお世話になり、近隣の有名店を検索する。
今回は山形駅前近くに宿があるので店舗もかなりの数。
さあ行ってみよう。



「三津屋本店」
天ざる大盛りを注文。蕎麦のコシがアルデンテ。元は製麺業を営んでいたそうで蕎麦自体がなかなかいい感じ。天ぷらサクサクでかなり美味。



「三津屋本店」(翌日2回目)
揚げ茄子蕎麦、みたいな名前のを大盛りで注文。女性に人気らしい。要は蕎麦版ぶっかけ。
蕎麦が美味いから



「蕎麦處みねた」
ボリュームがあるそうで行ってみた。天ざる大盛りを注文。蕎麦が三段重ねで出てくるが、一枚一枚が少なく、どこがボリュームあるねんな。味は普通。



「寿々喜本店」
老舗とのこと。天ざる大盛りを注文。二段重ねなのだが、みねたを上回る貧相な盛り。コブシ大に盛られた蕎麦が悲しい。
何かの間違いかと思い、店員に「あの、これ大盛りですか?」と聞いたら「はい(ニコッ)」との事で、かなりガッカリ。値段は1800円以上。味と比較してもコスパ悪すぎ。ボッタクリにしか思えない。三津屋に行けば良かったと後悔する。



「愛庵」
山形のメイン道路13号線沿いの新し目の店舗。他店舗は二八蕎麦が多い中、こちらは十割蕎麦。
天ざるをあまり推してないようで穴子天とゲソ天を勧めてる感じ。「十割下足天板そば」の大盛りと穴子天を注文。
ゲソ天はあまり好きではないが、大間でマグロと一緒に食べたゲソ天は美味かったのでもう一度食べてみたくなった。
運ばれてきたのを食べたら…やわらかくて美味い!単品だと100円らしいのだが美味くて盛りもいい。穴子天はカレー塩で。ホクホクしていてこれも美味。
サラダ、漬物、ご飯食べ放題。
で、なんと会計わずか1200円。



「愛庵」(翌日2回目)
十割下足天板そばと、今日は海老かきあげ。海老はぷりぷりしている。さらに大きいのが二つも。食べきれなかったら持ち帰りにもしてくれるらしく、確かになかなかのボリューム。
また来たくなる店を見つけた。





さすがは山形の蕎麦。
年末はもう一週出張。また楽しみを見つけないと…。

帰ってきたら今度は東京本社に年末の忘年会に参加すべく東京で一泊。
酒を飲みに行くだけなのに、部外者の相方の分の宿代や新幹線代まで出してくれるみたいなのでちょっと遊んできたいと思います。
東京の先生方にも挨拶したいんですが空き時間あんまりないから多分無理なのが残念。

年末バタバタしてますが、忙しさもまた楽しいものですね。









今日の一言
件の愛庵のメニュー。安すぎる。



拍手

12日間青森出張の現在9日目。
相方に更新を催促されまくっていたのだがリアル多忙によりようやく本日更新してみる。


はるばる来たぜ大間崎。


大間に来る前に手前の風間浦漁港でウニまぐろ丼を食したら


「……………ふうん」


みたいなね。


で、大間に来た。大間ってえとマグロだろ?
どれどれ…お手並み拝見。




うまあああああああああ!!!




今まで食べたマグロではかなりの美味さ。


大トロが…最早サカナの肉とは思えない。特上牛刺しみたいだ。
一杯2800円というのだけちょっとあれだが、まあこちらのマグロは高いやつはキロ10万だそうだし、この丼のやつも最上部位のやつではないにしてもこんなもんだろう。



気に入ったので滞在中、通うことに。明日はウニまぐろ丼。活イカ刺しも気になる…。
今回の宿は完全なる温泉宿なので、完全に観光気分。いい旅夢気分。 ←懐かしい








今日の一言
こちらは海がめちゃめちゃ綺麗。
心が洗われるようだ…。




拍手

秋の仙台…でも先日まで福島。出張はつらいよ。

福島の前に青森出張。
福島はあたたかい。むしろ暑い。
しかし青森はなかなか強い風が吹き荒び、秋を飛び越え冬の様相。夜とか寒いんでやんの。
来月も青森12日間出張があったり心休まるヒマがない。
また、来月は大阪まで会社の運動会に行かなくてはならない。全国のグループ会社から300人以上集めて運動会とか…。前回は体調不良者続出だったのだが…もしや毎年やるつもりなんだろうか…。
とにかく忙しい毎日。いや、大阪は面白いからいいんだけどね、忙しさのあまり稽古なかなか出来ない有り様。申し訳ない。来月はなんとかなりそうです。

そういえば、知人の師範が今度泉で場所を借りて道場を構えるとのこと。
「空いてる曜日で本格的に道場やりませんか?」との大変ありがたいお誘いを頂く。以前から古武に興味を持って頂いており、打撃会でもよくお邪魔していたのだが、人の縁に感謝は尽きない。
現時点では特定の曜日に稽古を開催するのが難しいのだが、来年あたりから色々変わりそうな感じなのでもしかしたら?
ちなみにムエタイのトレーナーとかが居たり、一ヵ所で色々なものを好きに学べるらしい。普通に面白そうですので道場開きが楽しみです(`・Θ・)









今日の一言
明日はハロウィンらしいですね。いつの間にか浸透しつつあるようですが、イベント好きの日本人だからこそ…ですね。
自分も明日はお菓子を用意しないとイタズラされるらしいです…怖い怖い。


拍手

秋深まる仙台。


稽古も再開した。仕事も順調。
そんなこんなで月日の経つのは早いもので。


最近はかなり強烈な精神修行をするハメになったのだが、人間とは面白いもので的確なる弱点の打たれ弱さとは肉体精神問わず筆舌に尽くしがたい。

かの英雄アキレスも無敵であったが弱点により初めて倒れることになるわけで…。弱点とは、そもそも鍛えようのない薄いところなのだ。
目玉で刃物を受け止めることは出来ない。


武術を志す人間なら必ず「強さとは何か?」と自問自答し続けてきただろう。
とりあえず答えを出している人間、自分に必要な答えにたどりついた人間、答えの出せない人間、答えなんて考えない人間、様々いるだろう。
そして、それらは全て、間違っているわけではない。人間は全てどれに当てはまってもいいはずだ。


さて、心の強さ?肉体の強さ?


武術では「心技体」とよく言われるが、どれが大事とかではなく、全てが大事だから全てが書かれている。


自分に足りないものを補う。向上する。磨く。
それを続けるからこその「修行」である。


これは武術においてのみではなく、人生においても同じだ。


人間、死ぬ瞬間に最強であり最高であるべき。
それが可能かどうかではない。それを強く強く信じ、自分に言い聞かせ、それが可能になるように継続することが大事なんだ。



試合や喧嘩の為のみならず、人間は人生全ての場面においてが勝負であると考える。




強くならねば。もっと強くならねば。

強くなった先にあるものを本当に必要とするなら。








今日の一言
生まれてはじめての、岩手県のげいび渓舟下り。
感想はただ一言、あまりの自然の風格に感動した。悠然と流れる川を、魚や鳥に餌を与えながらゆっくりと時間を過ごす。
舟下りなんて遊園地のアトラクションの劣化版と思っていたが、それは大きな間違いだったようだ。
また一つ良い思い出が増えた。たとえ他の誰にも共感されなくても、オレにとって最高の記憶になるだろう。

愛すべき家族と見る風景、それはどのようなささいなものであってもそれが世界で一番輝ける景色。
知る人ぞ知る空飛ぶ団子、近い将来それも我が輝ける記憶になる。



拍手

現在山形出張中。暑い…6月なのにひたすら暑い…。




表題の件。
先日、スター☆ドラフト会議という番組で「5秒でウエストを10センチ細くする」というのがあった。
ストレッチとのことだが、放送では実際に10センチ細くなった。
…しかし…そのトリックたるや酷い酷い。武術含め背骨の知識がある人間見たらあれは笑うに笑えないかもしれない(笑)
多少武術やってる人間ならみんな思ったはず。

「あれならオレでも出来る!」

ってね(´・Θ・)笑
実際自分で試してみたらウエスト細くなった!…あることをしたらすぐ戻るのがこの方法の凄いとこ。効果と呼べない効果。だが需要あるならそれでいいのかのう…。
つくづくこの世は何がウケるかわからないものだ。しかしその需要を的確に見抜いた彼こそが成功者なのだろう。





チロルチョコの「しおレモン」の美味さは異常。
冷蔵庫で冷やすのがいいと思われ。





稽古場所がなかなか確保に至らず。
みんなどうやって確保してるのかね…。
オレがヒマなときに場所がなく、場所が空いてる時にオレが出張というマジック。





先日、またしてもバッティングセンターに行こうと画策。
適当にナビで検索して多賀城のバッティングセンターに行ったのだが、なんと地震津波の影響で近隣のゲーセンや飲み屋ともどもまさかの閉店。よく見るとあたりは瓦礫だらけ。いや、ひどいわ。色々な意味で。
仕方ないから南光台のバッティングセンターに移動。本日も往年の落合ばりの合掌打法が好調。最高の当たりの時にドヤ顔で相方を振り向くと、なぜか決まってよそ見をしているというバッティングあるある。
バッティングは昔からそこそこ出来たが最近ようやく思い通りのスイングが出来てきた。
…しかしまだ、いわきのあのバッティングセンターのスーパーカーブを打てる気にはならない。





なんかプレステ3のゲームがやりたくなり、コールオブデューティ4という人気らしいゲームを買ってみる。第二次世界大戦が舞台らしいのだが…未プレイゲームの消化に努めているオイラがここまでたどりつくのは何年後なんだろう。
ちなみに震災の時からプレイをしてる初代プレステのドラクエ7はまだクリア出来ていない。プレステ2のペルソナ4もまだ。
そんな状況で買い集めてしまったプレステ3のゲームだけでも未プレイ15本。もはや収集欲を満たすだけの対象なのかもしれない。
とりあえず還暦までには全部クリアしたいですな。(キリッ





愛車エスティマのカーナビをハードディスクナビに買えたくて知り合いの車屋さんに相談すると、中古だが大変良いナビを見つけてくれた。CDも取り込めて2000曲は入る。こいつはいい。めちゃくちゃ安くしてくれたのでとりあえず即買い。
お?前の持ち主が入れてたアルバムが200枚くらい入ってやがる。ありがたい消し忘れだ。
どんなのが入っているんだろうと覗いてみると…


AKB48
アニソン
ジャニーズ系あれこれ
おしりかじり虫


…どうかしてるぜっ。










今日の一言
お金より今はヒマが欲しい。

拍手

雨ばかりの仙台。


先日、バッティングセンターに行った。
個人的にバッティングセンターは大好きだ。野球は素人だが、あのジャストミートした時の爽快感はたまらない。

今まで何も考えないでフルスイングしていたわけだが…今回はちょっと、現段階で知りうる武術知識でバットを振ってみた。

当て身はつまるところが重心移動なのは色々なところで言われているが、じゃあ具体的にどうすればいいのかまで踏み込んでいる書は少ない。踏み込んでいてもボカして書いているので修得に至らないのが常であり(笑)

バットの振り方というのは当て身の奥義に通じるものがある。以前テレビで、日ハムの中田翔がバッティング理論を話していた時に、そう思わせてくれた。彼は、間違いなく境地に達している。
また、野村監督もフォーム等についてのインタビューを聞いていると体の使い方についてかなりレベルの高い理論と目を持っているのがわかる。

野球の達人が武術の達人には…なかなかなれない。逆もまた然り。しかし、同じ体を持つ人間の動きの話である以上、技術分野が異なっても「エッセンス」は出せる。




さて、打席に立つ。




簡単に言えば、脱力する。




簡単に言えば、重心と軸を作る。




簡単に言えば、踏み込む距離を考える。




簡単に言えば、体を先に開きすぎない。




簡単に言えば、瞬間的に振って当てる。




意識する所は他にもあれど、そこはあえて書かない。
ボールは我ながら素晴らしい速度で青空に向かって弾道を描く。
めちゃくちゃ気持ちいい。

………………あとはきっちりミート出来れば…だな(笑)
変化球はもう全然ダメ!バットに当たらないの!(笑)

また何か気付きが生まれれば変化球も当たるようになるんでしょうか…?
某バッティングセンターのカーブはもはや高速スライダーと言っていいレベルなんですが…どうすりゃいいのよ(´・Θ・)笑


日々是武術。なかなか面白い。









今日の一言
最近旅行行きたいす…(涙)
昔みたいに合宿やりてえな。

拍手

今月の業務終了…な仙台。


今月は仙台支店過去最高業績。やっぱりクセのある人間揃いの我が会社はポテンシャルが違うぜ。

毎月末恒例の宴会の後、一人で街をブラブラ。テンションはMAX。夜の仙台おもしれー!!!(東京の夜が最高だけどな)

で、ダイエー前に差し掛かった時に懐かしい像に目が止まる。この像を見る度に東京の兄弟子との日々を思い出す。

今は今で幸せだが、昔は昔で楽しかった。

またあの色んな意味での荒稽古、してみたいなあ…笑









今日の一言
あまり書きたくないけどさらりと武術ネタ。
心眼流ってさ、実はみんなが想像するより、無駄に考えない方が正解かもね…なんて。
実感すべきは複雑でいてシンプルな方法論。複雑でシンプル?…でもそれが正しいんじゃないのかね。
流派とか何拳とか言ってるやつバカじゃねえの?とか昔言われた事を思い出した。

…さーて、天下一品食って帰るべ。
やあやあ明日遊びに来る我が親愛なる相方よ、ニンニクくらいは笑って流せ。
いついかなる時も、選び抜いた人生に一片の悔いなし!




拍手

土砂崩れの警報が出たらしい仙台。(スゲー警報だな)


今日の話の前置き。
あらかじめ断っておくと、自分はUFOの存在は確信していても、霊とか扱う人には疑念や嫌悪感しかない。そりゃー本物もいるだろうが、ニセモノが多すぎるからね。
お祓いだの霊感だなんだのと因縁つけてよ、人の不安につけこんだカツアゲだろあんなの(笑)
どんな精神論を展開しようがそんなの飯のタネの正当化。
弱者からお金を巻き上げるようなお祓い乞食はこの世からいなくなればいいんだよ(笑)
(稀少な本物の方は本気で尊敬)



…そんな考えを持つ自分が、それでも書き記したかった本日の記事は以下。



会社で今朝聞いた話。
別に震災ネタでもなんでもなく、ただ「へええ」と興味深く聞けた話。


ウチの会社にA部さん(←伏せられてないね)という人がいるのだが、彼の親戚に霊感ある人がいるそうでして。

ま~蛇の道は蛇というか…その親戚さんの知人の娘が、これまた予知能力ある子供だそうで…的中率も相当だとか。


例えば。


その子供がある日お母さんと天気予報見ていて、お天気お姉さんが明日は晴れます、と言った時…





「明日は雨なのになあ…?」





以前からその能力に気付いていたお母さんは当然傘を持って出かけ、案の定雨が降る…みたいなね。

そしてまたある時、夜中に突然泣きながら起きて、お母さんに言った。





「人がたくさん死ぬよ」





で、例の3月11日が来た。

そして、つい最近その子が言った言葉。





「6月にも人が死ぬよ。私もお母さんも死ぬよ。」





うわあああああ(笑)

なんかね、その子、関東某県在住なんですが、その県、普通に考えたら津波なんて来るわけない場所なんすよね。
地震か…今度は地殻変動で水没か…はたまた…地震に激弱!福井県で絶賛トラブル中の夢の高速増殖炉「もんじゅ」のさらなるトラブルか…
何が起こるかはよくわかんないけど(笑)

もんじゅと言えば、白煙がどうとか色々デマ流れてるらしいですね。
デマの発端はやはり去年の事故か。
知ってる人も多いでしょうが、炉内中継装置(直径46cm、長さ12m、重さ3.3トン)がつり上げ作業中に落下する事故。それ以後、24回以上の引き抜き作業を試みるものの失敗してるそうで。どんだけだよ!笑

日本の半分が水没とかは昔からちょいちょい言われてはいたけど、本当にそうなるんなら今さらジタバタしてもはじまらないよねー。


いやね、正直これ系の話はさ、みんな似たような話は聞いたことありますよね?…とは言ってもこれ別に会社での冗談とかでもなくてさ。

予知の真偽の程は来月の話なんでまあ時間が解決するとしても、薄れつつある危機感というか初心というか…思い出す何かのきっかけにはなるんじゃなかろうかと。

つまりは予知が当たるとか外れるとかはどうでもいいのですよ。(てか外れるべきだろ)


今回の話、全ては受け取る人間次第で意味が出てくる。
そもそも備えに無駄なんてないしね(´・Θ・)笑





以上、興味深く聞きながらも…ちょっとしょんぼりした話でした(笑)


バイ。









今日の一言




拍手

HOME 次のページ >>>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
松本一史義次
性別:
男性
趣味:
映画・ライブ・読書・釣り・ドライブ・食道楽・ゲーム
自己紹介:
手乗り文鳥とあらゆる娯楽を愛す。
生涯一武道家、生涯一修行者を目指す。
武術はとりわけ柔術と棒術好き。
これからの武術は各流派各団体の連携も大事。認め合い学びあう姿勢はあらゆる場面で必要である。

相方と楽しむ桜の宴が春の楽しみ。
雀踊りや七夕の勾当台公園野外ライブが夏の楽しみ。
仙台ジャズフェスが秋の楽しみ。
牡鹿や石巻にハゼ、アイナメ、カレイ釣りに行くのが冬の楽しみ。

メールアドレス
yagyu_singan@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.