忍者ブログ
東北の伝統武術【柳生心眼流兵術】の稽古及び趣味のブログ。
[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

相馬中村神社、鹿島御子神社での奉納演武終了!
いや、色々面白かったです。
毎年のことながら大充実の内容だった。

さて我等の演武を振り返って…今回の敢闘賞、東京からわざわざ駆け付けてくれたTくんの活躍に尽きる。

遠山先生と打ち合わせた一日目の演武編成はかなりの強行編成。
参加メンバーの少なさも関係あるが、表以降の公開可能な全段階の形に自分が投入されることに。

形を振っているときはどんなに激しい動きをしようとも終わるまで呼吸を止めたまま。
止めたままでも平気で何本も形を振れる人間は要するに「チョロい動き」をしているという理解が当道場の基本的な考えのひとつにあげられる。
遠山先生も日頃から常に
「形を本当の本気になって振ったらどんなに鍛えていてもベストは2~3本がいいとこ」
と言われている。事実そうだと思う。
よって各段片衣と襟取だけ…といったように抜粋して2~3本にまとめることにした。
次に自分の相手の問題があったが、全段階くまなく相手が出来るのは…参加メンバーではTくんのみになる。来てくれた人間には全員に感謝しているが、彼には今回特に感謝したい。

演武は一番手に地元相馬の武田流陣貝術。陰の貝、陽の貝が披露される。
毎年この音を聞くと非常に身が引き締まる。

霊山竹生流棒術。K先生とその御一門の演武。
こちらでマブなお付き合い(笑)をさせて頂いているSさんは今回は棒対剣の形の剣側をやるので棒はやらないらしい。毎年この方の棒も楽しみにしていたのだが残念。それでも剣をとっても本当にお見事。見る度どんどん巧くなるなあ…と少しライバル心を勝手に燃やす(笑)
演武の前後に久しぶりに談笑。もっと機会をつくりたいなと思った。

演武は進む。
珍しい大坪流木馬術。関流砲術のつるべ撃ちや、大筒による大轟音が境内に響く。

夢想神伝流詰居合はこちらも親しくさせて頂いているT先生が演武される。本場会津にて大東流も学ばれ、小野派一刀流の剣も使われる。詰居合は毎年真剣を用いて演武するのだが、本当に紙一重なところで刃が止まるのは熟練の技だと思う。

尾張貫流のE先生。愛知からの参加。こちらの先生は毎回槍は自前のを持参されずに現地で借りて演武されるのだが、それでも管槍独特の動きを交えて見事な演武をされる。

当道場の演武においては、遠山先生もまあまあ認めて下さった内容だった。大きなミスもなく終わった。道場が全体的にレベルが底上げされたのが大きいと思われる。…もっともそれは一日目だけの話だが(笑)
二日目はみんな気が抜けてミスもあったのは御愛敬…(笑)

一日目と二日目の間の宿泊も恒例の大宴会で各流派親睦をさらに深めた印象でした。
さらに一日目の演武には県外からわざわざ見に来た方もおり、古武道もまだまだ捨てたものじゃないなと思った。

そういえば今回の演武は四回目の招待。
元々福島県古武道伝承会の演武なのだが、ちょっとした縁から招待を受けるようになった。
今回、温かい計らいを受けて我等も古武道伝承会に加盟するようお誘いを受け、有り難く申し出を受けさせて頂いた。

伝承会に加盟して初の演武は4/29の霊山神社奉納演武。
あと11日後。
明治天皇が建てたらしいが、福島県最高の武道の神社。
今年が二回目の参加なのだが…そこでの演武は別格だ。
本当に神が見ているのでは?と錯覚してしまう素晴らしい自然に囲まれた場所。
かの西郷頼母が霊山神社の宮司を務めている折、武田惣角が教えを受けた建物が境内の一角にまだ現存しているのだ。

さらに気合いを入れねばならない。
尚、霊山神社の演武については久しぶりにメールマガジンでの配信とします。
演武後にT先生と宴会、温泉、そして…丸森の火渡りをする予定。
かなり砕けた内容になりそうですが、どの程度の内容にするかは考えておきます(笑)



今日の一言
ちょっとしたお知り合いの社長さんが仙台で4月からラジオ番組を持った。確か今40才くらいだと思ったが本当にパワフルな人だと思う。見習いたいと心から念願している。
…ちなみにこの今日の一言もその社長さんのパク…いや、見習わせて頂いた結果である(笑)

拍手

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<< 演武の残影 HOME 気合充分 >>>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
松本一史義次
性別:
男性
趣味:
映画・ライブ・読書・釣り・ドライブ・食道楽・ゲーム
自己紹介:
手乗り文鳥とあらゆる娯楽を愛す。
生涯一武道家、生涯一修行者を目指す。
武術はとりわけ柔術と棒術好き。
これからの武術は各流派各団体の連携も大事。認め合い学びあう姿勢はあらゆる場面で必要である。

相方と楽しむ桜の宴が春の楽しみ。
雀踊りや七夕の勾当台公園野外ライブが夏の楽しみ。
仙台ジャズフェスが秋の楽しみ。
牡鹿や石巻にハゼ、アイナメ、カレイ釣りに行くのが冬の楽しみ。

メールアドレス
yagyu_singan@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.