忍者ブログ
東北の伝統武術【柳生心眼流兵術】の稽古及び趣味のブログ。
[103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日も暑い!
毎年暑い季節になりと、10年くらい前だろうか?スポーツセンターに週5回通って一人稽古をしていた頃を思い出す。週5回、午前中と午後、8時間ぶっ通しで下手くそな形を黙々と振っていた。
いや、形とは呼べないか。「型」だな。

下手なりに、時には闇雲に、時には熟考し。

その原動力はいくつかある。

「自己向上心」

「強さへの憧れ」

「古への浪漫」

…他にも語り尽せない様々な想い。
それらが渾然一体となって、想いの収束された一方向へ向かっていた。

辛くなかったと言えば嘘になる。一人孤独に、知識も乏しい状態で半日自分の動きと精神に向き合う。もちろん楽しいからやっていたのだが、真剣にやればやるほど動けない自分に苦悩した。


あれからもう10年経つのか。


先日入門当時のビデオを見た。下手くそには違いないが、一ヶ所だけ当時のほうが優れている部分があった。
形が、非常に素直なのだ。動きに多少我はあるものの、教えられた事を正確にやろうとしているのが見てとれた。

あれから時は流れた。今の自分にこの素直さがいかほどあるだろう。初心を忘れてはいなかったが、さらに初心を省みる大事さを知った。武術に限ったことではないが、道を深く歩こうとする事のなんと楽しくも奥深いものか。

昔、尊敬する先生の一人に、

「10年やって〇の〇〇が分からなければ武術辞めたほうがいいよ」

と言われた事がある。
お会いする機会は昔ほどなくなってしまったが、今度お会いする機会があれば聞いてみたい。
自分はあの頃よりは向上に至りましたでしょうか…?
…いや、多分、この程度ではまだ笑われるか(笑)




土曜日の仙台稽古は近日入門予定のY君が剣術をどうしてもやりたいというので、普段は絶対にやらないが、軽く二手ほど。まあ当然なのだが、剣は手の延長。手が動かないうちに剣をやったのでぎこちない動き。順番的には柔術、棒術を経て剣術に進むべきだと再認識。体の運用が定まらないうちに武器を使うとかえって自分の体使いを壊す結果になる。しかし、熱意は買う(笑)


個人的な収穫。
先日入門したHさんに弓引き構の要点をさらに掘り下げて説明。大変関心を寄せて頂く。
Hさんは形に内蔵された体の運用に対し、毎週激しく関心を寄せて下さる。嬉しい方が入ってきてくれたものだ。
今週は稽古時間の8割くらいを稽古しながらの武術談義としてしまったろうか。武術経験も自分より遥かに上だし、話しているだけでも本当にためになる。

…で、そのHさんとの話の中から一つ、武術的に強大なヒントを得る。もしこれが体現出来ればどんな相手も必ずひっくり返せる。
…まあ今は無理かもですが、もうしばらく形を振ればなんとか…(笑)

自分の知り得た知識、覚えた技術が今後少しでもHさんの…ひいては道場のみんなの血肉になり得ますように。

Hさんへ私信。
例のアレ、今回は完敗です!…でも次回は破ってみせますよ(`▽´)笑





今日の一言
楽しいことしてきました(^-^)
詳しい様子はまた明日(^u^)

拍手

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<< 心眼流釣り倶楽部 HOME 夢幻 >>>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
松本一史義次
性別:
男性
趣味:
映画・ライブ・読書・釣り・ドライブ・食道楽・ゲーム
自己紹介:
手乗り文鳥とあらゆる娯楽を愛す。
生涯一武道家、生涯一修行者を目指す。
武術はとりわけ柔術と棒術好き。
これからの武術は各流派各団体の連携も大事。認め合い学びあう姿勢はあらゆる場面で必要である。

相方と楽しむ桜の宴が春の楽しみ。
雀踊りや七夕の勾当台公園野外ライブが夏の楽しみ。
仙台ジャズフェスが秋の楽しみ。
牡鹿や石巻にハゼ、アイナメ、カレイ釣りに行くのが冬の楽しみ。

メールアドレス
yagyu_singan@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.