忍者ブログ
東北の伝統武術【柳生心眼流兵術】の稽古及び趣味のブログ。
[535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

主に関係者の皆様、御無沙汰。

割りと今でも体験稽古の希望者が多いので、そうした目的の方にもあわせてご連絡。

現在、体験稽古に関しては武術に対して「明らかな熱意がある方のみ」受け付けています。
技量や経験は関係ありません。ヤワラは女の子の学生でもやれてますから。単純に強い熱意のある方のみ、という話です。
もう少し言えば、興味本意程度の方はお断りしている状況です。
極端な話、生徒は2人かそこらいれば個人的にはもう十分です。
なので、近いとこでHP自体も様変わりさせようと思ってます。(コンテンツ削減の方向で)

震災以降、色々考えるところもあり、宮城と福島にて教授自体は行ってはおりますが…多分もう表舞台に出ることはないと現段階では考えています。
地方の武術界のしがらみや、人を貶めることにより自分の居場所を得ようとする小者の暗躍にほとほと嫌気がさしたのが正直なところです。

武術は精神面の鍛練はもちろんですが、技が使えてナンボです。
どんなに踏ん張ってる相手であろうが楽々ひっくり返して、どんなに強固な構えの相手でも吹っ飛ばしたりその場に昏倒させることが出来てこその武術だと思います。
自分は精神は未熟なままではありますが、自分が師匠や兄弟子、他流の先輩、諸先生方から長年苦心して学んだ大切な「技術」に関しては、伝える相手を選びたいというのが今の心境です。

過去、数十人の生徒たちに恵まれ、稽古で汗を流しましたが、その時間は非常に楽しいものでした。得難い経験もしました。それらを否定するものではありません。

門戸を広げることによるメリットもあります。
門戸を狭めることによるメリットもあります。
自分は後者に行き着きました。

抵抗しない相手に技がかかるのは当たり前。抵抗してないんだから。
そういう稽古に飽きた方がいたら、一緒に稽古してみたいですね。

とりあえず今日はそんなとこで。



追記
以前教えていた一部の生徒の皆さんの連絡先が携帯故障により失われております…。
連絡してないのはシカトではないので、いつでも連絡下さい。



以上。


拍手

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
松本一史義次
性別:
男性
趣味:
映画・ライブ・読書・釣り・ドライブ・食道楽・ゲーム
自己紹介:
手乗り文鳥とあらゆる娯楽を愛す。
生涯一武道家、生涯一修行者を目指す。
武術はとりわけ柔術と棒術好き。
これからの武術は各流派各団体の連携も大事。認め合い学びあう姿勢はあらゆる場面で必要である。

相方と楽しむ桜の宴が春の楽しみ。
雀踊りや七夕の勾当台公園野外ライブが夏の楽しみ。
仙台ジャズフェスが秋の楽しみ。
牡鹿や石巻にハゼ、アイナメ、カレイ釣りに行くのが冬の楽しみ。

メールアドレス
yagyu_singan@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.