忍者ブログ
東北の伝統武術【柳生心眼流兵術】の稽古及び趣味のブログ。
[533]  [532]  [531]  [530]  [529]  [528]  [527]  [526]  [525]  [524]  [523
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雨ばかりの仙台。


先日、バッティングセンターに行った。
個人的にバッティングセンターは大好きだ。野球は素人だが、あのジャストミートした時の爽快感はたまらない。

今まで何も考えないでフルスイングしていたわけだが…今回はちょっと、現段階で知りうる武術知識でバットを振ってみた。

当て身はつまるところが重心移動なのは色々なところで言われているが、じゃあ具体的にどうすればいいのかまで踏み込んでいる書は少ない。踏み込んでいてもボカして書いているので修得に至らないのが常であり(笑)

バットの振り方というのは当て身の奥義に通じるものがある。以前テレビで、日ハムの中田翔がバッティング理論を話していた時に、そう思わせてくれた。彼は、間違いなく境地に達している。
また、野村監督もフォーム等についてのインタビューを聞いていると体の使い方についてかなりレベルの高い理論と目を持っているのがわかる。

野球の達人が武術の達人には…なかなかなれない。逆もまた然り。しかし、同じ体を持つ人間の動きの話である以上、技術分野が異なっても「エッセンス」は出せる。




さて、打席に立つ。




簡単に言えば、脱力する。




簡単に言えば、重心と軸を作る。




簡単に言えば、踏み込む距離を考える。




簡単に言えば、体を先に開きすぎない。




簡単に言えば、瞬間的に振って当てる。




意識する所は他にもあれど、そこはあえて書かない。
ボールは我ながら素晴らしい速度で青空に向かって弾道を描く。
めちゃくちゃ気持ちいい。

………………あとはきっちりミート出来れば…だな(笑)
変化球はもう全然ダメ!バットに当たらないの!(笑)

また何か気付きが生まれれば変化球も当たるようになるんでしょうか…?
某バッティングセンターのカーブはもはや高速スライダーと言っていいレベルなんですが…どうすりゃいいのよ(´・Θ・)笑


日々是武術。なかなか面白い。









今日の一言
最近旅行行きたいす…(涙)
昔みたいに合宿やりてえな。

拍手

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
松本一史義次
性別:
男性
趣味:
映画・ライブ・読書・釣り・ドライブ・食道楽・ゲーム
自己紹介:
手乗り文鳥とあらゆる娯楽を愛す。
生涯一武道家、生涯一修行者を目指す。
武術はとりわけ柔術と棒術好き。
これからの武術は各流派各団体の連携も大事。認め合い学びあう姿勢はあらゆる場面で必要である。

相方と楽しむ桜の宴が春の楽しみ。
雀踊りや七夕の勾当台公園野外ライブが夏の楽しみ。
仙台ジャズフェスが秋の楽しみ。
牡鹿や石巻にハゼ、アイナメ、カレイ釣りに行くのが冬の楽しみ。

メールアドレス
yagyu_singan@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.